高度成長を支えた町

札幌からで約1時間 かつて炭鉱で栄えた 美唄市へ仕事で行ってきました。。。
石炭石油原子力発電とエネルギー政策の変遷でかつての炭鉱は閉山炭鉱で沢山の人でにぎわっていた所は今は廃墟
★昭和30年の美唄市立沼東中学校運動会(三菱美唄炭鉱)★現在何もない(鴻之台入口)
syoutou kounodai
★清流となった美唄川~昔は石炭色の真っ黒な水だった(我路の名士で旧社会党衆議院議員の「岡田春夫」氏の生家から)
garo  meron
★美唄産メロン(とても美味しかったです
でも北海道は今や日本一の米どころ食べ物も美味しくてパワーを感じました

コメントをどうぞ