<世界らん展2012>の内覧会に行ってきました

らんの大御所からいただいた招待券で花世界らん展日本大賞2012の内覧会を鑑賞しました。
内覧会にもかかわらず 雪が舞う東京ドームには行列が・・・
やっと入場・・・そこには別世界が広がっていましたきらきら審査と表彰式が終了したばかりの 最も美しい日に 観ることができました音符(最終日近くは枯れてるのも多いとの事)
ドーム外 ドーム中 らん大賞  
雪が舞ってるのに東京ドームには行列が ・きらきらうわー、綺麗
王冠中央のこの場所に飾られるのは 最高のらんばかりとの事
らん らん2 らん3
巨匠のお話によると らんは南極を除く全ての大陸に自生し たくさんの種の中で 花花を咲かせることができるのは1つくらいしかなく それゆえに 生命力があり 美しいしきらきら奥が深いとの事。また、冷蔵庫で栽培する事もあるらしいです。
・左下「趣味の園芸」の講師もされ昨年の王冠日本大賞受賞後死去された江尻光一さんのらん(右の小さい鉢植えの状態から21年かけて)
・他にも素晴らしいらんが沢山
らん江尻作品 らん4 らん赤
最後に「王冠賞をとるの一番の決め手は」の問いに「運だね」とのお答えが・・・審査のその時に最高の美や香りをもってくる~それは 一日前でも翌日でもダメ・・・フレグランス賞も 今全く匂いがしなくても 午前の審査の時に最高の匂いを発していればいい・・・それは運がなければ できないし長年の経験で<運>によるところが大きい・・・との名言を頂きました。
八戸で育ったデンドロビュームを頂きましたプレゼント今のところ元気です頂いたらん

コメントをどうぞ